3種の印鑑で立派な社会人の仲間入り

冒頭でもお伝えした通り、学生のうちは三文判やスタンプ印などでも日常生活上においてさほど問題はないかもしれませんが、社会人となるとそうはいきません。

就職すると給与振り込みのために銀行口座の開設を求めらますが、その際には銀行印があったほうが好ましいでしょう。

また、クルマを買ったり将来の不動産売買の際には実印が必要となります。

このように印鑑を使用する機会は増えるのですが、それらを一つの印鑑で賄うのはちょっと問題があるといってもいいかもしれません。

もちろん用途によって印鑑を使い分けなければならないわけではないのですが、どれもこれも同じ印鑑を使っていては不便だったり、損失を被る可能性が必ずしもないとはいえないのです。

認め印、実印、銀行印の三文判

日常的に使用する印鑑といえば「認め印」で、いわゆる三文判です。

これは宅配便の受け取りの際や役所に提出するなどの多くの公文書作成の際に使用する、最も使用頻度が多く使い勝手の良い印鑑です。

この他に、実印があります。

実印は印鑑の中で最も重要とされ、住宅ローンの契約や不動産の購入の際になどに使用します。

実印を役所に登録しておき、それを証明する「印鑑登録書」で実印の代わりとする場合もあります。

銀行印は主に、個人と銀行取引の際に使用するものです。

実印や銀行印をいわゆる三文判で代用していると、いざという時に認めてもらえないケースもあるのです。

これらの3種類が社会人として所有しておくべき印鑑といえるでしょう。

▲PAGE TOP
© 2017 Activations Energetiques