印鑑は生活の必須アイテム

印鑑を使用する機会はいろいろな場面であります。

普段の生活においては、宅配便の受け取りの際に使うという機会が最も多いのではないでしょうか。

私も学生の頃の印鑑のイメージはそんなものくらいで、たいしてその重要性などは考えたこともありませんでした。

就職の際の履歴書にも自分の名前の横に押印しましたが、特にその意味を考えたことはなかったです。

しかし、社会人になるとすぐに印鑑の重要性に気付くようになりました。

印鑑なくては生活が不自由になり兼ねない

クレジットカードの作成やマンションの契約、公共料金の申し込みなどなど、あらゆる場面で印鑑が必要となってくるんです。

公的文書にはすべて押印が必要ですから、印鑑がなければすぐに困ってしまいます。

それから驚いたのが、就職とともに実家の親から実印と銀行印と作っておけと言われたことです。

職場の給料は銀行振り込みなんですが、そのために口座を新しく開設しなければならないので銀行印が必要となるといいます。

さらに、マンションの契約や車の購入の際には住民票のある市町村役場に届け出をしてある印鑑、つまり実印が必要となるらしいんです。

まさに、社会人になると印鑑がなければまともに生活ができない状況なんですね。

まだ就職したてでお金もないけれども印鑑は一生使用するもの、ちょっと奮発してでもいいものを買いたいと思っています。

▲PAGE TOP
© 2017 Activations Energetiques